横浜で腰痛、ヘルニア、頭痛、不妊症専門の鍼灸院をお探しなら|京急鶴見駅徒歩3分

生理痛による腰痛は身体の危険信号だと知っていますか?

こんにちは。

院長の佐藤です。

 

最近、患者さんでも私の友人でも

生理痛による腰痛が出る方が非常に多くいます。

 

現在では、

10~20代から辛いという声を聞きますし

働き盛りの30代~40代になると

更に症状が重くなる傾向があります。

 

原因は仕事や人間関係によるストレスや

食事・睡眠等の生活習慣や冷えなど

本当に様々な要因があります。

 

当院に通われている患者さんにお話しを聞いてみると・・・

子宮内膜症、チョコレート嚢胞や子宮筋腫などの病気になり

腰痛が悪化して辛い、不定愁訴が増えたなど

本当に辛い状態になってようやく来院される方が多いです。

 

逆に言えば、

そこまで悪化しないと自分の身体に

危機感を感じない方が多いということなのです。

 

でも、私薬飲めばすぐに症状がなくなるし・・・

数日我慢すれば消えるし・・・

痛みを抑えるのと、痛みを治すのとは

根本的な意味合いが全く異なってきます。

 

今は我慢できる範囲かもしれませんが、

今以上に症状が増えても我慢出来ますか?

 

辛い日数が増えても我慢出来ますか?

 

結婚して子供を授かりたいと思っても不妊症になったり・・・

妊娠しても逆子になり帝王切開になったり・・・

更年期障害になり人間関係が上手くいかなかったり・・・

閉経後に骨粗鬆症になりやすかったり・・・

 

特に近年は女性が第一線で頑張ることが多く

年々、生理痛による腰痛や腹痛、

不妊症、逆子で悩む方々は増えています。

 

腰痛はもちろんですが

腰痛以外の症状でも

このまま何もしなかったら婦人科疾患のリスクは高まりまよ。

 

あなたは生理痛による腰痛はありますか?

生理痛で腰痛の他に辛い症状はありますか?

その、生理痛の原因は何かご自身で把握されていますか?

以前と比べて薬が効きにくくなっていませんか?

 

あなたは、毎月必ず来る辛い生理痛を

薬なしで解決したいと思いませんか?

女性は男性と比べて外的ストレスを受けやすく

とてもデリケートな構造になっております。

 

生理痛による腰痛でお悩みのあなたの

早めの治療をお勧め致します。

 

横浜市でお悩みの方は今すぐ当院までご相談下さい。

羅針堂鍼灸整体院