横浜で鍼灸を受けるなら。羅針堂鍼灸整体院は腰痛やヘルニア、不妊治療を専門とした鍼灸院となりますが、自律神経や内臓疾患など幅広く症状の対応を致しますので諦める前に1度ご相談下さい。

冷暖房による腰痛の原因となりやすい疾患とは?

冷暖房による腰痛

こんにちは。

横浜市鶴見区で腰痛を専門とした鍼灸院を開いております

羅針堂鍼灸整体院の院長佐藤です。

 

 

 

冬は暖房、夏は冷房と快適に過ごすためには

エアコンは必要不可欠な存在となっております。

 

 

 

ただ、外気との温度差が激しくなると

腰痛の原因となります。

 

 

 

人は外気に合わせて体温調節のために

血管を広げたり、閉じたりするのですが

気温差が激しくなるとその調節を担っている

自律神経が上手く機能しなくなってきます。

 

 

 

 

自律神経が乱れることにより

筋肉に必要な血液が行き届かなくなることで

筋肉が硬くなり腰痛の原因となります。

 

 

 

 

冷房の場合、直接冷気が身体に当たることで

身体全体が冷えてしまい腰痛の原因となります。

 

 

 

冷房の影響で急激に冷えてしまうと

ギックリ腰などの急性腰痛になりやすくなります。

 

 

 

 

暖房の場合、温かい空気というのは上に行きやすいため

上半身は温まり、下半身は冷えてしまうことで

自律神経が乱れる原因となってしまいます。

 

 

 

暖房の影響で起こる腰痛は、自律神経の乱れによる腰痛や

下半身から冷えて固まって起こる腰痛が出てきます。

 

 

 

また、加湿器がなくて長時間暖房を使用すると

室内が乾燥してきて、皮膚全体に潤いが無くなることで

皮膚が硬くなることで起こる腰痛もあります。

 

 

 

 

次に、このような腰痛を治療していく場合

冷房の影響で出た急性腰痛に関しては

腰に関係する筋肉はお灸や遠赤外線などで温めていき

患部は炎症が起きている可能性が高いので針で筋肉を緩めながら

強刺激にならないように施術していきます。

 

 

 

 

暖房の影響で出た腰痛に関しては

下半身をお灸で温めたり、自律神経と関係の深いお腹を緩ませて

全身の血液がしっかり巡るようにして施術をおこなっていきます。

 

 

 

 

エアコンを使用する際は設定温度の配慮や加湿器を使用したり

極力、服装などでカバーしていくなどの工夫をしていく必要があります。

 

 

 

 

もし、季節によって腰痛が出やすかったりしているのであれば

もしかしたら、エアコンによる腰痛の可能性もあります。

 

 

 

セルフケアで自宅で出来るお灸もありますので

冬には下半身やお腹、夏には腰回りに行い

予防していくと良いかもしれませんね。

 

 

 

※腰痛は他にも色々な原因がありますので

ツボの位置や体質を鍼灸院などの専門家に

相談することをオススメします。


羅針堂鍼灸整体院