横浜で腰痛、ヘルニア、頭痛、不妊症専門の鍼灸院をお探しなら|京急鶴見駅徒歩3分

鍼灸で心も満たされたい人へ

鍼灸 心の支え

こんにちは。

 

横浜の鶴見で腰痛、ヘルニア、不妊、逆子を専門とした
鍼灸院の羅針堂鍼灸整体院高瀬です。

 

鍼灸院での大切な治療の中で患者さんの話を聞く
ということがあります。

 

鍼灸治療を行っていると様々な悩みを持った人が来ます。

 

それは誰にも打ち明けられないものもあります。

 

鍼灸は症状だけでなく、
その人そのものを診る医学です。

 

患者さんがどのような生活をしていて
どのような考えを持って、
どのように感じているのか?

 

これらの材料は治療をするうえで本当に大切です。

 

このようなことを繰り返しているので
人の話を聞くのが上手くなります。

 

「先生は話しやすい人ですね」
こんなことを言われることは多々ありますね(照)

 

病院での診察はあまり話を聞いてもらえない、
接骨院ではただ治療を受けるだけ
このような治療とは全く違うのが鍼灸です。

 

色々な情報からあなたに合った治療を導き出すことができます。

 

もともと東洋医学の考えで
四診という言葉があります。

 

望診(ぼうしん)→姿勢・歩き方・肌の色などをみて判断する方法
聞診(ぶんしん)→声の調子・呼吸音・口臭を嗅ぐことも含まれる方法
問診(もんしん)→様々な症状の病態を聞く方法
切診(せっしん)→身体の特定の部位を触れることで判断する方法

 

このように4つの方法を用いて身体の状態を判断するのです。

 

良い鍼灸の先生はこれらを忠実に行い、
話しを聞くということは鍼灸にとって基本的なことなのです。

 

色々な悩みやストレスを聞いてもらうだけで
スッキリするという患者さんはとても多いと感じます。

 

話して無駄なことは1つもないので
思っていることや気になることは話してみて下さいね。

 

最後に1人の患者さんを紹介したいと思います。

 

その方は慢性的な疾患で髪が抜けやすい女性でした。

 

抗がん剤などの薬も使っていないのに髪が抜けることは
女性にとってとても耐えがたいものだと思います。

 

外出もあまりせず、人と会うのを避けている状態でした。

 

私は鍼灸を通してその方と向き合い、
話すことで精神的な支えとなることができました。

 

徐々に笑顔を取り戻し、
以前よりも前向きな姿勢で治療を続けています。

 

人の心の根本を支えることで
大きな悩みも解決できると考えています。

 

あなたにとって鍼灸院が単に治療する場所ではなく
心も満たしてくれる場所になることを願っています。

 
羅針堂鍼灸整体院