横浜で腰痛、ヘルニア、頭痛、不妊症専門の鍼灸院をお探しなら|京急鶴見駅徒歩3分

ヘルニア特有の痛む部位

こんにちは。

 

 

横浜市鶴見区で腰痛を専門とした

鍼灸院を開いております、

羅針堂鍼灸整体院副院長の高瀬です。

 

 

気温が高くなり、

暑い日もありますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

季節の変わり目で

体調を崩す方がいますが、

皆さんもお気を付けください。

 

 

さて、今日はヘルニアで出る

腰痛のお話しです。

 

 

ヘルニアで出る腰痛で多い部位として

背骨のきわ(近い所)があります。

 

 

背骨は姿勢を維持するためや体幹の運動に作用しますが、

この付近が張ってくると動かしたときも長時間座っているときも痛みが出てきてしまいます。

 

 

背骨付近に痛みを感じるため

骨に異常があると勘違いする人もいます。

 

 

背骨の後方側面から出る神経が圧迫することで

周りの筋肉の硬直もおこるというメカニズムです。

 

 

奥の方の筋肉になってきますのでマッサージでは届かないのですが、

針治療を行うことで奥までアプローチすることができます。

 

 

針治療ではヘルニアの出ている部位や重症度に応じて

長さや太さを調節することができるので効果的です。

 

 

マッサージや整体でなかなか治らない

という方は一度鍼灸治療を

受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

当院ではヘルニアの症状に特化したストレッチも治療後にご紹介していますので

そちらをご自宅で行っていただくと更に効果的です。

 

 

歩けなくなる、痺れがひどくなる前に

治療を受けてくださいね。

 

 

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございます。

 

 

高瀬

羅針堂鍼灸整体院