横浜で腰痛、ヘルニア、頭痛、不妊症専門の鍼灸院をお探しなら|京急鶴見駅徒歩3分

自律神経が原因で起こる腰痛

自律神経が原因で起こる腰痛

こんにちは。

横浜市鶴見区で腰痛・ヘルニアを専門とした
鍼灸院を開いております
羅針堂鍼灸整体院の高瀬です。

7月も終わりますね。。。
お子さんがいる方はお出かけの予定とかあるんですかね。
熱中症に気をつけて楽しんでください。

さて、今回は自律神経と腰痛のお話し。
皆さんの腰痛のイメージは座り過ぎたり
重い物を持った時などに起きやすいといったものだと思います。

しかし、自律神経の乱れも腰痛に大きく関わっていることをご存知ですか?

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ
お互いが半分ずつバランスよく活動しています。

しかし、自律神経のバランスが乱れ
交感神経ばかり活動量が増えることで
血管は収縮し血流が悪くなるため腰痛を引き起こします。

筋肉の硬さや血流不足による腰痛ということになります。

パソコン作業が多く、ずっと座って目を酷使していたり、
車の長時間の運転などは自律神経からくる腰痛を引き起こしやすくなります。

さらに、首や背中に自律神経は走っていることが多く、
肩こりや背部痛を起こしやすくなります。

背部と腰は繋がっているため、同時に固くなることが多く
腰痛を引き起こしてしまします。

腰痛でも首や背中を針で緩めるだけでも
症状が改善しやすくなります。

自律神経からくる腰痛は2つのパターンがあることを覚えておいてください。

対処法としてはストレスを溜め込まないことが大切です。

自律神経はストレスによってバランスを崩すので
腰痛が出やすい時はストレス発散すると改善しやすくなるかもしれません。

鍼灸は自律神経の調節に長けています。
治りずらい腰痛は自律神経が原因かもしれませんよ?
早めに対処して下さいね。

ブログテンプレ 高瀬

羅針堂鍼灸整体院