横浜で鍼灸を受けるなら当院へ。羅針堂鍼灸整体院は腰痛やヘルニア、不妊治療を専門とした鍼灸院となりますが、自律神経や内臓疾患など幅広く症状の対応を致しますので諦める前に1度ご相談下さい。

治療で鍼灸を受けていたのになぜか痩せた?

こんにちは。

横浜市鶴見区で鍼灸院を開いております、羅針堂鍼灸整体院の佐藤です。

 

先日、当院に通っている女性の患者様より「先生!2週間で体重が2キロも痩せました(^^♪」「職場の人に顔がシャープになったんじゃない?と言われました!」という嬉しい声を頂きました。

 

その方は、治療の一環で顔周りやその他全身に針をしていきましたが、予想外の成果にその方もとても驚かれていました。

 

では、なぜこの方はたった2週間、鍼灸治療をしただけで2キロも痩せた(体重が落ちた)のでしょうか?

 

身体全体に水分が溜まっている

 

結論からお伝えすると、余分な水分を取り除くことで体重は減りますし、見た目もシャープになります。

身体の約60%は水分でできていますが、水分代謝が悪いと水分は体内にとどまり余計な水分として溜まってしまいます。

東洋医学ではこの余分な水分のことを「痰湿(たんしつ)」と言い、身体に蓄積された痰湿は身体に色んな悪さをしますので、身体から除去をしてあげる必要があります。

 

痰湿はびちょびちょの状態

 

余分な水分?なんとなく分かるけど、それが何で身体に悪いの?と思う方もいらっしゃるので、簡単にイメージだけお伝えします。

例えば、家の中の湿気がすごくて通気性も悪かったらどうなりますか?カビが生えたり、木の柱が腐ったりすると思います。

湿だけでもこれだけ身体に悪いのに、痰はもっとみずみずしい感じのことを言いますので、雨漏れして天井から水が垂れ落ちてくるイメージです。

なので、通気性を良くして余計な水分が溜まらないようにしてあげる必要があるのです。

 

血流を良くすることで解消!

 

血流が悪くなることで血液が滞り余計な水分として溜まってしまうため、血液の分配に差がでてしまい多いところと少ないところが出てきてしまいます。

鍼灸で滞った血液を解消してあげることでしっかり全身に血液を巡らせることができるのです。

 

汗で出すか?尿で出すか?

 

老廃物を身体の外に出すときには汗か尿で排泄します。

治療方針を組み立てていく中で、発汗作用を高めていくのか?それとも腎臓や膀胱にアプローチをして排尿を促していくのか?というのを考えてツボを変えていきます。

 

治療の結果がマイナス2キロ

 

ということはつまり、今回の方は2キロ分の余計な水分を体内に蓄積させていたことになります。

その方は、アゴ周りがすごくスッキリして、頭部のブヨブヨ感も解消されました。

今回は排尿を意識して取り組んでいきましたので、治療後はほぼ毎回お手洗いに行きます。

 

 

最後に

 

薬などではなかなか良くならない疾患に悩まされていた中で、今回のようなご本人がまったく思わぬ結果が出たことで凄く喜ばれましたし、「ただ痩せた(体重が落ちた)」のではなくて「内蔵の機能がアップして利尿作用が高まり、余計な水分が抜けたことで痩せた(体重が落ちた)」ということなので、とても健康的な体重の落とし方かなと思います。

※ただ、鍼灸をやっても脂肪の燃焼を手助けするものではないので、シェイプアップが目的な方は当院の「パーソナルコース」で適切な運動を目指しましょう!

※痩せると体重が落ちるは厳密には意味合いが変わってきます。

 

 


羅針堂鍼灸整体院