横浜で鍼灸を受けるなら。羅針堂鍼灸整体院は腰痛やヘルニア、不妊治療を専門とした鍼灸院となりますが、自律神経や内臓疾患など幅広く症状の対応を致しますので諦める前に1度ご相談下さい。

横浜市鶴見区で腰椎ヘルニアでお困りなら

こんなお悩みありませんか?

  • 痛みで寝返りが出来ないほど辛い
  • お尻から足まで強いしびれがある
  • 引きずらなければ歩けない状態である
  • 手術をしなければ治らないと言われている
  • 激痛で長時間同じ姿勢が保てない

腰痛の悩み

 

腰椎ヘルニアとは?

腰椎ヘルニア

多くの人が悩む腰の痛みには種類があります。大抵の場合が痛みを感じてから腰の痛さについて正しい治療をせずに市販の薬などを用いて自力で改善しようとしてしまうことが多く、その結果治療を長引かせる原因を作りだしています。

 

腰痛は一時的に良くなったような気がしていても症状の根本から改善していかないと、少し時間が経過した時に何度でも再発しやすいものです。そんな腰痛のなかでも多くの人たちが悩む「腰椎ヘルニア」を知っていますか?一度発症してしまうと何度でも繰り返す腰痛の代表的な疾患の一つです。

 

そんな腰椎ヘルニアについて詳しく説明しますので、あなたも一日でも早く改善できるように正しい治療を取り入れていきましょう。

 

 

腰椎ヘルニアメカニズム

ヘルニア 原因

腰椎ヘルニアとは腰痛の原因となる疾患の一つです。腰痛にはさまざまな疾患があり、その疾患を引き起こす原因にもいろいろなものがあります。腰椎ヘルニアを引き起こすメカニズムから詳しくみていきましょう。

 

人間の体は背骨によって支えられています。背骨自体は頸椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾骨の4つの骨によって支えられており、椎体の間に椎間板があるのでクッション的な役割を担っています。正常な状態であればまったく問題のない部位にはなるのですが、2つの原因が理由になり腰椎ヘルニの痛みを生み出してしまいます。

 

椎間板は髄核と繊維輪からできています。髄核は水分をたくさん含んでいて椎間板の中心に存在しています。その髄核を包んでいるのが線維輪になりどちらがかけても負担がかかりますし、とても大切な存在であることがわかります。

 

腰椎ヘルニアの原因の一つに椎間板が正常な形で保つことができずに変形してしまうことがあります。この原因となっているのは主に加齢による年齢的なものです。椎間板は20歳をこえたあたりから個人差はあるものの髄核の水分が少なくなります。そのため外部からの衝撃に対して弱くなってしまい腰や椎間板に負担を増やしてしまうことになるのです。20歳よりも30歳、30歳よりも40サイト年齢を重ねるほどこの原因による腰椎ヘルニアになりやすくなります。

 

他にも腰椎ヘルニアの原因として親からの遺伝的なものが関係している場合もあります。特に弱年齢の腰椎ヘルニアを経験している人は親のいずれかも腰椎ヘルニアで手術をしている割合が高いこともわかっています。20代で腰椎ヘルニアになる人・ならない人の違いが遺伝だとしたら驚きですよね。親が腰痛持ちなどの人はしっかりと対策をしておかないと、腰痛の症状が悪化した時に悩まされる原因となりますので、早くから対策をしておくことも大切なのです。この遺伝的な要因に関してはまだ必ずしもそれが原因であるとわかっていない場合も多く、いまだ解明はされていません。

 

 

腰椎ヘルニアの痛みの原因となるものは?

ヘルニア メカニズム

腰椎ヘルニアになる原因の次に痛みはなぜ起きるのかということを、その原因についてみていきましょう。痛みの種類によっても治療法も違いますし、腰痛の自己判断はこういったことがあるからこそ注意が必要なものになるのです。腰椎ヘルニアの特徴として症状が出やすいのは痛みとしびれによるものです。腰やおしり、下半身にこのような症状がでやすいとされています。

 

腰椎ヘルニアの痛みの原因として多いのは、おもに神経根炎によるものです。他にも関節炎や狭窄などが原因となり痛みを発症することもあります。名前だけ聞いてもイメージが湧きにくいのでそれぞれの痛みの特徴からまずは比較してみたいと思います。

 

神経根炎

腰椎ヘルニアの原因となる腰椎の椎間板は5つのクッションのような形をしています。その後ろには脊柱管という神経が通っている場所があり、左右に1本ずつ神経が別れています。その神経のことを神経根といい、ここが圧迫されることにより痛みを伴うことをいいます。神経根は複数ありますがそれぞれに役割が決まっているのでその仕事のみをします。そのため、神経根炎でも痛みを伴う場所が違うのはこれが原因です。

 

狭窄

脊柱管の肥厚してしまい腰や下半身に関する血流の悪さを引き起こします。そのため、立ち上がったり歩いたりすると痛みをも伴うことが多く、しびれなどの症状に悩まされることもあります。特徴として座るとこの痛みやしびれが軽減する場合があります。神経の圧迫によっておこるものです。

 

関節炎

椎間板の関節を抜ける神経が炎症を起こしている状態のことをいいます。炎症が起きてしまった場所に痛みが走るようになり、その痛み具合によっても治療方法が異なります。消炎鎮痛剤をはじめ、痛みを軽減させる腰痛体操などが取り入れられる場合もあります。

 

今、腰痛に悩んでいる人はまずは自分の症状がどれに該当しているのか知ることが大切です。その上でどんな治療法があるのか、症状は改善するのかなど自分の腰椎ヘルニアと向き合うことで症状の軽減に繋がるはずなのです。原因を知ることはなりよりも大切です。

 

 

腰椎ヘルニアになりやすい方の特徴

ヘルニア なりやすい人

次に腰椎ヘルニアになりやすい人となりにくい人の違いについて詳しくみていきましょう。

椎間板で痛みの原因となりやすいのはおもに第四腰椎と第五腰椎の間と仙骨の2つの場所だといいます。

 

ヘルニアには種類がありますが腰椎ヘルニアになりやすいのは女性よりも男性の割合の方が多いといいます。その原因として椎間板ヘルニアはおもに原因となるのが加齢によるものであることは前述でも説明しましたね。

 

もちろん加齢によって起こる場合もあるのですが常に重いものを持って運ぶ肉体労働の人や腰に負担のかかりやすい運転手などの仕事をしている人に腰椎ヘルニアで悩む人が多いのです。1回・2回ぐらい重いものを持ったぐらいでは腰椎ヘルニアになることはありませんが、毎日仕事で無理をしている人の場合つい重いものを持った時に腰に負担がかかったりひねってしまうなどが原因となり腰椎ヘルニアを発症してしまいます。

 

また一度腰椎ヘルニアになると数年経過していても、同様に重いものを持ち上げた時に再発してしまうなど、何度でも繰り返します。そのため一度でも腰椎ヘルニアをした場合は少しの違和感でもかかりつけの病院に相談に行くのをおすすめします。そうしないと症状が悪化してからでは余計に治療に時間がかかるなどいいことがないのです。

 

他にも男性の方が仕事に従事している時間が長いこと、少しの症状では病院に行かないなど体のメンテンスを怠ってしまうことにもその原因があります。

 

また、腰椎ヘルニアになりやすい方の特徴としてタバコを吸っている人は、禁煙の人に比べて2割ほど腰椎ヘルニアのリスクが高まるそうです。日頃から肉体労働や運転手などの仕事をしていてタバコを吸う人は腰椎ヘルニアになる可能性が高いことを自分で知っておく必要があります。

 

また他にも以下のような時に腰椎ヘルニアになる可能性があります。

□ 普段から姿勢が悪く猫背気味の人

□ 仕事などで中腰になる機会が多い人

□ 日頃から運動をせず筋肉が弱っている人

□ 標準値よりも体重が大後肥満体型の人

□ 立ち仕事で高いヒールを履く機会が多い人

□ 妊娠中の女性など

 

腰椎ヘルニアになりやすい人の特徴を見ていくと自分にはまったく関係のない話だと思えませんよね。男性も女性もいずれかの特徴に当てはまる人が多いはずです。「私は大丈夫」そんな安易な自信が腰椎ヘルニアの原因となりますので、該当するものが一つでもある場合は日々の生活から見直していくことで腰椎ヘルニアを防ぐことに繋がりますし、腰椎ヘルニアを何度も繰り返す心配もなくなるはずです。あなたは大丈夫だと自信を持っていえますか?

 

 

腰椎ヘルニアの症状

ヘルニア症状

腰椎ヘルニアの症状はおもに片側の下肢痛をはじめ、腎臓部から足などの場所に最初は軽い痛みを感じとてもじゃないけど立っていられない程の猛烈な痛みを感じることがあります。痛みでその場でしゃがみこんでしまい緊急搬送されたなどの話も聞きます。症状の具合によっても変わるのですがヘルニアの大きさがある場合は片足ではなくて両方に痛みを感じる場合もありしびれや痛み、感覚の麻痺、体が冷える、筋力の異常な低下なども引き起こす可能性があります。

 

腰椎ヘルニアであるかどうか自分で判断することは難しいかもしれません。腰椎ヘルニアかどうかは以下の内容に該当する場合はその可能性が高くなるといわれています。

 

□ 例えば立っていると辛くなってしまい、とてもじゃないけど10分以上立ち続けることができない人。

□ 椅子に長時間座っているとしびれや痛みなどの症状が出てしまい、座っているのが辛いと感じる人。座った状態から立ち上がることができない

□ 前かがみになると痛みやしびれが悪化する人

□ 下肢部の感覚がなく触っても体の感覚を感じることができない

などが腰椎ヘルニアの基本的なチェック項目になります。さらに症状が悪化すると生殖器やなどに影響する場合もあり排尿障害や頻尿、便秘などに悩まされることもあります。

 

自分が腰椎ヘルニアかどうかは自己判断では難しいので、気になる症状がある場合は一度病院を受診して体の状態を確認してもらうと安心できるのではないでしょうか。自己判断をしてしまうことがなによりも危険であることの認識を持つことも重要です。

 

 

 

鍼灸と腰椎ヘルニア

%e9%87%91%e9%8d%bc

腰椎ヘルニアの治療に実際に足を運んでいるのに症状が一向に改善しないと言う人もいます。痛み止めの薬やマッサージなどさまざまなものを取り入れても何度でも繰り返してしまう人はいませんか?いろいろな治療をためしたけど効果がでないと言う人はその治療法に対して体に抗体ができてしまい痛みが起きても効果を実感しづらくなってしまっている可能性もあります。何ヶ月も通っていても効果を発揮しない、何度でも繰り返す腰椎ヘルニアの場合は根本的な解決ができていないということになります。まずはあなたにあった治療法を見つけ、正しい方法で適切な治療を行なうことがなりよりも大切です。

 

腰椎ヘルニアの治療法の一つに鍼灸があります。

鍼灸というと痛みがあるのか?熱くないの?本当に効果があるの?など気になることもあると思います。鍼灸は腰椎ヘルニアに最も効果的な治療法といっても過言ではありません。

 

そもそも鍼治療の目的は患部の炎症をおさえることにあります。腰椎ヘルニアの原因をみていくと炎症によるものが多く、神経の炎症が治まると痛みも改善される場合がほとんどです。痛みを少しでも軽減するためにはまずは神経の炎症の治療からはじめていきましょう。鍼灸を行なう時にも最初に適切なカウンセリングをおこない、一人ひとり似ているようで異なる痛みやしびれの症状に向き合っていきます。その上で腫れている神経を見つけ出し適切な治療を行っていくのです。鍼灸を行っているなかにはカウンセリングをおこなわずに治療をしてしまうところもありますふぁ、それでは根本的な解決にはなりません。

 

鍼灸の世界でも治療の基本となるのが仙腸関節の調整と刺激が一般的なものになります。刺激をすることで仙腸の動きを活発なものにして神経の刺激を弱めていきます。痛みがあると余計な力が入ってしまうこともありますが、鍼灸を行なうことで痛みの改善にも繋がりますので腰椎ヘルニアには絶大な効果を発揮します。他にも固くなってしまった筋肉の状態をほぐす効果もありますのであなたにあった適切な治療法を見つけ取り入れていくことがいかに大切なことであるのかがわかりますよね。

 

 

腰椎ヘルニアの治療はできるだけ早いほうがいいの?

どんな疾患でもいえることですが症状が悪化してから治療を行なうよりも、違和感などの症状が出た時点で治療をするのをおすすめします。腰椎ヘルニアの原因となる神経は炎症している状態が長く続いてしまうともとの働きに戻りにくいという特徴もあります。痛み自体は治療である程度は改善してもしびれが残ってしまい日常生活に支障をきたすこともあります。治療を後回しにしてしまい痛みが改善されなくなってしまったという人もいて、炎症を起こしたままの状態を保ってしまうのがいかに体に負担をかける原因になるのかがわかるのです。目安としては痛みを感じてから1ヶ月以内に治療に来るようにしましょう。市販薬などを試すのもいいことですが、一時的な軽減にしかなりませんし、その結果腰椎ヘルニアを悪化させてしまってはなんの意味もありませんよね。

 

 

腰椎ヘルニアのセルフケア

ヘルニア セルフケア

腰椎ヘルニアの症状を改善することや、腰椎ヘルニアにならないようにするために日常的にセルフケアを行なうことが大切です。腰椎ヘルニアの原因となる筋肉が弱ってしまうのを防ぐために毎日の腹筋を取り入れるのもおすすめです。腹横筋や腹直筋をはじめ背筋や脊柱起立筋を強化することも腰椎ヘルニアの治療には効果を発揮します。

 

人間の体は悪い姿勢を続けてしまうと背骨に余計な負担をかけてしまいます。正しい姿勢を保つためにも腹筋を鍛えるようにしましょう。また女性に多い反り腰を少しでも軽減するために、骨盤矯正ストレッチなどを取り入れるのもおすすめします。

こういったストレッチは継続することによって効果がありますので、1日5分でもいいのでストレッチを取り入れるようにしてくださいね。

 

このような体を鍛えるトレーニングの他に、日頃から姿勢には十分注意すること、腰に負荷がかからないような工夫はもちろん無理をしないようにしましょう。

 

 

腰椎ヘルニア手術のリスク

術後 腰痛

悪化してしまった腰椎ヘルニアの治療法の一つに手術もあります。この手術をすることで痛みやしびれが解消されるので、この方法を行なう人も多いのですがそれなりにリスクがあることも覚えておきましょう。例えば下半身不随なども腰椎ヘルニアの最大のリスクだといわれています。

 

他にも手術をしたのに腰の痛みが続いている、体のしびれも残っているなど完治とはいえない症状に悩んでいる人もいるのです。腰椎ヘルニアは手術をすれば絶対に治ると思っている人もいますが必ずではないこと、治療法を誤ればリスクもあることを十分に認識しておかなくてはなりません。手術というのはそれだけ体に負担がかかることも十分に考えられるのです。

 

できるだけ手術にならないように早めの治療をおこなうこと、適度な筋肉をつけて腰椎ヘルニアの症状を悪化させないようにすることなど日々の工夫がいかに大切なことかがわかるといえるでしょう。

 

 

腰椎ヘルニアは痛みもありしびれもとれないなどとても辛い疾患の一つです。手術に頼らずに早期で治療をすることによって、軽度のものですんだり日常生活を送る上で支障を来さなくなるなどその重要性は誰でも実感できるはずです。また腰椎ヘルニアで悩んでいる人は一度鍼灸の治療で根本的な神経の炎症から取り除いてみましょう。根本からの治療が大切です。

ブログ

・針が効く!ヘルニアによる筋力低下の恐怖とは?

・ヘルニアでお悩みのあなたへ①

・ヘルニアでお悩みのあなたへ②

・ヘルニアでお悩みのあなたへ③

・ヘルニア特有の痛む部位

・なんでヘルニアの痺れに鍼灸が効果的なの?

・ヘルニア?ギックリ腰?分かりづらいから困るんです

・ヘルニアのしびれが取れない3つの要因


羅針堂鍼灸整体院