横浜で鍼灸を受けるなら。羅針堂鍼灸整体院は腰痛やヘルニア、不妊治療を専門とした鍼灸院となりますが、自律神経や内臓疾患など幅広く症状の対応を致しますので諦める前に1度ご相談下さい。

横浜市鶴見区で自律神経失調症にお悩みなら

自律神経失調症とは?

自律神経のストレス

自律神経失調症には様々な症状があり、病院の診断もあいまいな物が多くなる疾患になります。

うつ病と似ている部分がありますが、自律神経失調症にはメンタルの部分でなく身体の不定愁訴(簡単に言うと調子が悪い状態)が出てくるものになります。

症状としては頭重感・不眠・めまい・耳鳴り・食欲不振・便秘・下痢・身体の疲労感・動悸・手足に力が入らないなどが挙げられます。

そもそも自律神経って何?

自律神経失調症のケア

自律神経とは呼吸や心臓の動きと言った自分の意志とは関係ない動きを支配する神経のことで、交感神経と副交感神経に分けられます。

交感神経

交感神経は簡単に説明すると活動する神経です。
闘争と逃走の神経とも言われ、身体の危機に働く神経になります。

・呼吸が早くなる
・心拍数が上がる
・血圧が上がる
・胃腸の働きが下がる
・瞳孔が広がる

運動を行っている時や日中活動している時はこの交感神経が優位に働くため、
日々のストレスを常に感じている方は交感神経がずっと働いていることになり自律神経のバランスが崩れやすくなります。

副交感神経

副交感神経は交感神経とは逆の働きで休む神経です。

・呼吸が遅くなる
・心拍数が落ち着く
・血圧が下がる
・胃腸の働きが活発になる
・瞳孔が狭くなる

リラックスしている時や眠っている時は副交感神経が優位に働きます。
現代の日本人は交感神経ばかり活動的で、リラックスできていない人が多いので副交感神経の活動は大切です。

この交感神経と副交感神経は対照的な働きをして人間の活動を担っています。

交感神経が働く時は副交感神経が休み、副交感神経が働く時は交感神経が休むといったように交互にバランスよく働くことが重要です。
しかし、どちらかがたくさん働いてしまうことで自律神経のバランスが崩れ、失調症などの症状に繋がっていしまいます。

自律神経失調症の原因は?

自律神経失調症の原因

過度なストレス

仕事や家事を行うことで人間は少なからずストレスを感じるのですが、このストレス値やストレスに対する耐久性が重要になります。

まず、一気に大きなストレスを感じることで自律神経のバランスが乱れやすくなります。
人間関係や環境の変化についていけない状況で常にストレスを感じることで自律神経失調症を患いやすくなります。

もう一つは、元々ストレスに対して免疫がない体の場合です。
ストレスを受け止める力は人によって様々ですので、この耐久性が低い人は自律神経の関わる疾患にかかりやすくなります。

環境的ストレス(住居・気温湿度)

人の身体は環境的な変化も敏感に反応しますので、引っ越しをした後や違う国に何ヶ月も滞在した後などは自律神経のバランスが乱れやすくなります。

あと、季節によって自律神経が乱れる人がいますが、特に梅雨の時期は湿度も高くて体調の変化を訴えやすいと思います。

肩周りの緊張

肩や背中は自律神経がたくさんある場所になりますので、肩こりがひどい人は自律神経失調症になりやすいです。
めまいや耳鳴りが肩こりからくる人も多いのできちんとケアする必要がありますね。

食べ物・飲み物

栄養分で自律神経失調症に良くないものとして飽和脂肪酸があります。
これは肉やバターなどに多く含まれ、余分な脂として扱われていますが、多くとり過ぎると血流を悪くすることや神経に影響を与えてしまいます。
ビタミン類や亜鉛などを多く含んだ食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

さらに、糖分やカフェインを多く含んだ飲み物も摂りすぎることで自律神経を乱しやすくするので注意が必要です。

自律神経に鍼灸は凄く効果的

 

自律神経 針

自律神経の症状に鍼灸はとても効果的です。
マッサージや電気治療などとは違い、針は直接身体の中に入れることで神経に対してダイレクトにアプローチが出来て、お灸も深部まで熱を通すことが出来ます。
また、海外の実験データにも針をすることでセロトニンという幸せホルモンが出て、リラックス効果を高めて副交感神経を優位にすることが出来ます。
針治療を受けている間だけでも副交感神経が優位になることで、リラックスする時間が増えて自律神経が整い、交感神経との切り替えが出来るようになります。

治療ポイントは?

治療ポイント

①感情によって治療方針を変える

自律神経が乱れると感情に現れることが多く、イライラするのか落ち込みやすくなるのかによって治療方針を変えていきます。
その際に、同じイライラタイプでも実際に物や人に当たって吐き出すタイプと、グッと自分の中に溜め込んでしまうタイプなどあるので性格面も考慮して治療していきます。

②実際に出ている症状を全部洗い出し関連性をみる

自律神経が乱れることで様々な症状が出てきます。
症状が1つの人もいれば複数ある人もいます。
その時に現在どのような症状が出ているのかを調べて、それらを別々のものとして考えずに関連しているものとして捉え、治療を重ねていき症状がどう変化しているのかを見ていきます。
1つだけをみてしまうと本当に治療効果が出ているのかどうか分からなくなるので、広範囲でみることで自律神経が整ってきているのかを把握することが出来ます。

③皮膚の状態をみて刺激量の調節

自律神経が乱れていると皮膚や筋肉を触った時の状態が違います。
表面の皮膚から硬くなっていて少しの刺激でも過剰に反応が出たり、逆に筋肉がゴムのようになっていてどんなに強く押しても物足りないと感じたりするなど、通常の状態と異なることが多いです。
それらの状態を把握して刺激量を調節したり、針を刺す深さや本数を調節していきます。

④お腹の状態を整える

身体の状態はお腹に現れてきます。

ストレスが溜まると呼吸が浅くなります。
呼吸が浅くなることで肺の動きが小さくなり、肺の周りにある横隔膜の動きも小さくなるので、自然とお腹の動きも小さくなります。
筋肉や皮膚は適度に動かすことで柔軟性を保っているのですが、動きがなくなることで硬くなってしまうのです。

また、内臓系が疲労していたり異常があったりすると筋性防御といって、内臓の周りの筋肉が硬くなる特徴があります。
胃が疲れていれば胃の周りが硬くなっているので、それらの反応を見て整えていくことで身体が整っていくのです。

⑤睡眠の質を上げる

睡眠の状態を整えていくで自律神経が整いやすくなるので、質の良い睡眠を摂ることはとても大切になります。
寝つきが悪い、途中で起きてしまう方はもちろん、時間は確保出来ていても質が悪かったりしても自律神経が乱れる要因となってしまうのです。
鍼灸は睡眠に効果的なツボがあるのでそれらにアプローチをしていきます。

自律神経を整えるのにセルフで出来ること

自律神経 セルフケア

①睡眠時間に注意する

自律神経を整えるには脳の休息が必要になるため、睡眠時間の確保は大切になります。
睡眠は質と量の2つが大切になり、できるだけ身体の疲れを残さないこと、ストレスを溜め込まないことなどを心掛けるといいでしょう。

できれば、寝だめなどはせず多い睡眠時間を一気に取れることが望ましいですが、
平日に睡眠時間を確保できない方は休みの日にゆっくりするのも良いと思います。

②食事を気を付ける

自律神経を乱す食事があり、それを出来るだけ摂らないようにすることで自分でケアすることができます。
ビタミン類・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などが多く入った食事を心がけるといいでしょう。

③簡単な運動を心掛ける

運動を行うことで幸せホルモンと言われるセロトニンが出るためとても効果的です。
強度の強い運動ではなく、簡単で短時間で出来るエクササイズをこまめに行えるといいでしょう。

④ストレスを溜め込まない

自律神経を乱す要因で1番大きいのはストレスになります。
ストレスは人によって感じ方は違いますが、最もよくないのは溜め込むことです。
趣味やリラックスできるものなどを見つけることが大切で、そういったことに時間をさけるといいですね。

⑤入浴時間を確保する

お風呂に浸かることは風交感神経を風位にし、一日の疲れやストレスを解消させる効果があります。
シャワーのみでお風呂を済ませている人が多いですが、湯船に浸かるという昔から伝わる事に悪いものはありません。

ただし、熱すぎるお湯に入ってしまうと逆に交感神経が優位になってしまい、自律神経を乱しやすくします。
少し温めのお湯にゆっくり浸かるということが肝心です。

まとめ

自律神経失調症は鍼灸やリラックスする時間の確保、睡眠の質を上げることで解消しやすくなります。
症状が悪化すると生活をするのすら困難になってしまうほど恐い疾患なのです。
薬が効きづらい、日に日に悪化していると感じている方、1人だと色々不安に感じてしまう、相談する人がいなくて支えが欲しい方、私たちがあなたを支えますのでご相談下さいね。

ブログ

・鍼灸治療と自律神経の関係


羅針堂鍼灸整体院