鶴見で女性専用の整体院・パーソナルトレーナー|Hanakoto整体院

骨盤の歪みとは?あなたの骨盤診断

骨盤の歪み

骨盤の歪みとは、骨が歪むことに重点をおきがちですが、もともとは骨盤の仙骨と腸骨の間にある「仙腸関節」の動きが、狭くなったり、広くなったり、動く範囲が左右対称ではなくなってズレが生じ、骨やそれに沿う筋肉が歪んでしまう状態の事を言います。

骨盤の歪むメカニズムと原因

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ土台のようなとても大切な役割をしています。身体をバランスよく柔軟に動かせるように「関節」が1つだけでそのほとんどが筋肉や靭帯の力で支えられています。凄いですよね。
骨盤の歪み
骨盤の歪み(右:異常)
「仙腸関節」の歪みによって骨盤に大きな影響を与える
骨盤は、仙骨(せんつい)・腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)の4つの骨からなっていますが、「仙腸関節」の歪みによって骨盤に大きな影響を与えてしまいます。骨盤の中心にある仙椎は、背骨のS字曲線の延長上にあります。頭や上体を支える土台になる仙骨がずれると支えていた背骨もバランスをくずし、そこにつながる頭蓋骨や顔も必然的にゆがんでしまいます。また、仙骨のズレは背骨の中を通っている脊髄神経にも影響を及ぼします。 「腰骨(こしぼね)」とも呼ばれる腸骨は、大腸や子宮、生殖器を保護する役目があります。また骨盤と足の付け根をつなぐ腸骨筋は、大腿骨(足の骨)とつながっていて足をしっかりと上げる時に必要な筋肉になります。もちろん、きれいな姿勢を保つのにも欠かせません。よく「インナーマッスル」という言葉を聞きますが、この腸骨筋は、その1つになります。恥骨も骨盤の骨の一部です。 赤ちゃんが通る産道の軸となる大事な骨になります。特に臨月に近い妊婦さんは恥骨の痛みを感じることが多いようです。原因としては、自分の体重に赤ちゃんの体重もプラスされた重みが恥骨にかかり、さらに出産時には産道を通るときに恥骨結合部分がひきのばされるので痛みが出やすいのです。もともと骨盤がゆがんでいたりしている人は、人より痛みがでやすいと言われています。また、出産によって正常な位置からずれてしまった骨盤のせいで出産後も恥骨の痛みを感じる人もいるようです。 骨盤の一番下に位置するのが坐骨になります。この坐骨が座る時に支点となり、上半身を支えてくれます。左右にある2つの坐骨を使って座るようにするときれいな姿勢が保てますが、足を組んだりどちらかに重心が傾く座り方をすると身体に負担がかかり、骨盤の歪みにつながってしまいます。骨盤の歪みには、大きく分けて【前傾・後傾姿勢】、【左右にかたむく】、【骨盤のねじれ】、【骨盤の開き】の4つのタイプがあります。MiuRushではまず姿勢、骨盤の歪みをチェックしていきます。

骨盤の歪みからくる症状

【前傾・後傾姿勢】
運動不足による筋肉の低下、ハイヒールをいつも履く、椅子に座る時に背もたれに体重を預けてしまう、スマホの長時間使用などが原因となります。 前傾は女性に多く、骨盤が前傾して反り腰のような姿勢になり、下っ腹がでやすくなり、垂れ尻にもなりやすくなります。また背中、首、腰などに痛みが生じやすくなります。 後傾は、男性に多く、骨盤が後傾して横から見ると凹凸の少ない姿勢になります。特徴は、ポッコリお腹になり、下半身の筋肉の代謝が悪くなり、無理な姿勢から膝の痛みを引き起こします。 両者とも本来の背骨のきれいなS字カーブの形が狂うことで、骨盤周りの筋肉が硬くなり、柔軟に骨盤が動かなくなってしまいます。そのため楽な姿勢が習慣になり、どんどん姿勢が悪くなっていくタイプになります。
【左右に傾く】
骨盤が左右に傾いている人は、太ももやふくらはぎに脂肪がつきやすいので下半身太りやO脚の人に多いようです。 片方の腰にだけ痛みがあったり、腰骨の左右の高さがなんとなく違うなど左右の違いを感じるのは、骨盤が傾いているからかもしれません。 かばんを決まった方だけで持つ、座る時にいつも片方の足を組む、立っているときにいつもどちらか一方の足に重心をかける、また決まった側の手や足ばかり使うなどの生活習慣によってなりやすいタイプになります。
【骨盤のねじれ】
骨盤のねじれは、骨盤の腸骨が食い違ってしまっている状態です。左右の足の長さやお尻の大きさが違く、肩の高さにも違いが出ます。 横座りのような体をねじるような体勢のように片側だけに習慣的に負担をかけるとねじれやすくなります。 ねじれによって下半身全体に脂肪がつきやすくなり、痛みや違和感が起きやすくなる場合があります。また骨の中を通っている神経を圧迫し、神経症や不眠、イライラするなどの症状がでるタイプになります。
【骨盤の開き】
骨盤の正常な形はハート形にちかいのですが、骨盤が開いてくると正方形の形にちかくなってきます。骨盤は、普段の日常生活でも開いたり閉じたりを繰り返しています。 ですが、出産後の開いた骨盤をそのままにしたり、カエル座りのような足をハの字にしていつも座ったりすると骨盤が開いた状態になってしまいます。 また生活習慣や加齢による筋肉の低下も骨盤が開きやすくなる原因になります。骨盤の開きによって内臓が支えきれなくなると骨盤が通常よりも大きく開いて内臓を支えきれなくなると、胃などの内臓の位置もバストも下にさがり、それに引っ張られて顔もさがっていきます。 それによって腸や子宮が押されてしまい、正常に機能しずらくなってしまいます。また血管なども圧迫して血流が悪くなり、代謝が低下し、下半身に脂肪がつきやすいタイプになります。

骨盤矯正をする意味

骨盤の歪みのせいで身体だけでなく、精神的にも不調をきたす可能性があります。それが、本当に骨盤の歪みのせいなのかは実際のところ、医学的根拠はまだないようです。 ですが最近では、出産後すぐに骨盤矯正をするように勧める産科がほとんどです。はっきりとした根拠はまだ解明されてはいませんが、矯正しないままでいるとデメリットの方が多く、矯正することによってダイエットに成功した人や健康になった人がたくさんいるため、病院でも方針が変わってきたようです。 医学的根拠があるなしにかかわらず、日頃から姿勢が悪かったり、ハイヒールを愛用したり、片方にだけバッグをかけたりなど明らかに体に良くない生活習慣を気を付けて直していくだけでも、確実に健康に近づいているのは実感できます。

産後の骨盤矯正は本当に大事!

産後は骨盤矯正が必須
産後は骨盤矯正が必須
img_sango_faqa01
妊娠前に履けていたズボンが、産後になると履けなくなったと経験する方も多いと思います。これは、出産時に赤ちゃんを通りやすくするため、産道が広がったから。同時に骨盤全体・恥骨が広がっています。骨盤下部が大きく広がり、逆三角形をしていた骨盤が四角い台形になり、内臓が下がることによって代謝が悪くなり、また余分な脂肪が付き、体型が変わります。 出産後、自然治癒力の働きにより徐々に妊娠前本来の体つきに戻ろうとするのですが、元々の体の歪みや産道の広がりの状況などにより、元の形に戻りにくくなってしまい、全体的に体のラインが変わった、大きくなったと感じることが多いのです。この時にちゃんと骨盤矯正することで産前よりもきれいになるチャンスになります。出産から8週間が産褥期といって身体の変化がとてもいちじるしく、お腹もへっこんでいきます。 この産褥期にきちんと正しい方法で骨盤矯正することでますますきれいな体に近づきます。 産褥期以降にももちろん骨盤矯正は、ダイエットに効果が高いと言われています。骨盤が正しい位置に戻らない事で引きおこるデメリットは説明しましたが、骨盤が正しい位置に戻ると、筋肉の代謝も上がり、血行もよくなり、内臓の働きもよくなり、自然と痩せやすい身体が出来上がります。 産後の骨盤を締めるためにもっとも効果的なのが、骨盤周辺の筋肉を意識した外旋運動です。骨盤周辺の筋肉(中殿筋、梨状筋)をギュッと締めることで骨盤は本来の元の位置へ締まっていきます。運動による骨盤引き締め効果は、骨盤を引き締めるだけでなく、腹筋も締めながら行うため、下垂した内臓を元の位置へ戻してくれます。運動によるエクササイズ効果で代謝も上がり、痩せやすい体質に変化し、産後太りにも効果的です。Hanakoto整体院では運動とEMSを使い深い筋肉までアプローチするため、安全に産後ダイエットに取り組めます。
担当 三浦亜希