鶴見で女性専用の整体院・パーソナルトレーナー|Hanakoto整体院

女性のための肩こり整体

こんなお悩み
ありますか?

慢性的な肩こりに悩まされている

生理前になると肩こりがひどくなる

ストレートネックで首こりが辛い

赤ちゃんをずっと抱っこしていると肩が凝る

強いストレスがかかると肩や首がこわばる

Hanakoto整体院 代表|三浦 亜希

肩こりに悩む女性を
応援します

Hanakoto整体院の個室の様子

肩こりは男性よりも女性に多いと言われており、ある調査では30代~50代の女性の約8割の方が肩こりに悩まされていたり、経験されており、男性よりも約2割も多い数値が出ております。
私も経験したことがありますが、肩こりになると集中力は下がるし、同じ姿勢を維持するのが辛く、首や肩を回すとゴリゴリと音がするほどでした・・・
女性が活躍している場面はそれぞれ違います。

主婦なら家事や赤ちゃんを抱っこしたりすることで負担になりますし、キャリアウーマンならデスクワークや強いストレス、肉体労働で負担になります。
それぞれ、環境は違いますが、肩こりになる要因は必ずどこかにあり、症状を解消させる糸口は絶対にあります。
Hanakoto整体院は頑張る女性を応援します!!

女性の方が肩こりが
多い理由とは?

1 なで肩

なで肩の方は肩こりになりやすいと言われております。
個人差はありますが、女性は男性よりも肩の高さが落ちている「なで肩」になっているため、重力の影響を受けやすいことが肩こりに繋がります。

2 筋力が弱い

肩や首の筋肉は頭を支えるためについており、筋力が少ないと疲労もその分大きくなります。
男女で同じ時間、同じ姿勢をしていたとしても、筋力が弱い女性の方が先に疲労として肩こりが起こりやすくなります。
また、ストレートネックでも男性だと筋力でカバーできますが、女性だとストレートネックの影響をダイレクトに受けてしまいます。

3 自律神経が乱れやすい

女性は生理周期によって出てくるホルモンが違うため、ちょっとしたストレスや疲労でも自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れてしまうのです。
自律神経の調節は首にあるので、自律神経が乱れることで一番密接な首や肩に影響が出てきます。

4 冷えやすい

身体が冷えていると肩こりの要因になります。
2番の筋力が弱い、というところにも類似するところはありますが、筋肉量が少ないと冷えやすくなるため、女性の方が冷えやすい体質となっております。
また、女性の服装は男性と比べても首周りが広くなっているため、エアコンなどの影響を受けやすいことも要因の1つと考えられます。

Hanakoto整体院の肩こり治療の特徴

デスクワークや猫背など「一般的な肩こりの要因」と「女性だから起こりやすい要因」の両側面から分析をしていくことで、女性の肩こりは解消しやすくなります。
それでは、当院の肩こり治療に対するポイントをいくつかご紹介したいと思います。

1 背骨の歪みを整える整体

Hanakoto整体院の様子

当院では女性にも負担の少ない背骨矯正をおこない、背骨の歪みを整えることで首や肩の負担を和らげる目的でおこなっております。
首周りの背骨の歪みだけではなく、背中や腰までの背骨を整えることで全身のバランスを整えることができ、結果的に肩こりの緩和に繋がります。
また、近年の研究では「背骨の歪みを整えることで自律神経を整えることができる」といったことも証明されております。

2 肩甲骨についている17個の筋肉にアプローチ

Hanakoto整体院での様子

肩甲骨の周りには大小合わせて17個もの筋肉がついており、これらの筋肉を緩めたり柔軟性を出してあげることで、肩甲骨の位置が正しいところに戻す事ができます。
肩甲骨の位置が左右で違っていたりすると肩こりや首こりの要因となってしまいます。

3 体質改善を目的とした手技

体院の様子

ホルモンバランスや自律神経の乱れによる肩こりの場合、筋肉だけ緩めても効果が薄かったり、施術した次の日には戻ってしまうということがあります。
PNSや生理痛はどうですか?睡眠はしっかり摂れていますか?
肩こりに関係する不安要素を温熱療法や、リラックスさせることを目的とした手技でホルモンバランスや自律神経を整えます。

4 肩凝りが専門(得意)です

整体の様子

様々な症状に対応しておりますが、私が1番得意としているのは肩こりです。

肩こりが悪化すると、頭痛や吐き気などの様々な症状が合併症として出てきます。
これらの症状に対しても親身にご対応させていただきます。

お客様の感想

頭痛が伴う肩こりも
スッキリ解消!

30代女性

鶴見在住 30代女性専業主婦

日に日に大きくなる息子を抱っこしているせいなのか、背中から首にかけてのコリが強く、頭の後ろやこめかみの頭痛まで出るようになりました。
夜中に息子が目覚めて泣き出すと睡眠も満足に取れず、寝られない日が続くと肩こりや頭痛がひどくなるような気がします。
私がこちらで施術を受けている時間が1番リラックスできている感じがあり、完全個室で他にお客さんがいない状態で受けられるのが有難いです。
赤ちゃんを連れていける整体院は少ないですが、こちらはベビーベッドもあって赤ちゃんを連れて行けるのも魅力だと思います。
回数を重ねるごとに症状が楽になっているのを実感できます。
※症状の改善には個人差がございます

仕事に集中できるようになりました

30代女性

横浜市在住 40代女性デスクワーク

お仕事で毎日パソコンでの作業をしているので、目がしょぼしょぼと疲れたり、肩や首もカチコチになっていました。
限界が近づくと近くのマッサージ屋さんに行ったりしていましたが、すぐに戻ってしまうので、なんだかんだ頻繁に通っていました。
その時は気持ちいいのですが、なかなか良くならないのと、いつの間にかコリから痛みに変わってしまい、首を動かすのが辛くなってしまったので、Hanakoto整体院さんにお世話になることにしました。
ただ揉みほぐしてもらうというよりかは、1つ1つ丁寧に身体を整えていくという感じで、さすがプロだなと感心しました。
女性専用の整体院なのでお部屋も可愛くて落ち着きますよ。
三浦先生もいつも元気でパワーをもらっています。
※症状の改善には個人差がございます

趣味の編み物をするためのメンテナンスにきています

80代女性

鶴見在住 80代女性専業主婦

娘からの紹介でこちらにお世話になっております。
編み物などの細かい作業や読書が好きで、1日中家にいても平気なほどですが、気付くと肩が凝ってしまいます。
月に幾度か肩や首をほぐしてもらうと非常に軽くなるので、メンテナンスとして活用している次第です。
腕の方まで丁寧にほぐしてくれるのは嬉しく思います。

肩こりが
悪化すると
どんな症状が
でるの?

肩こりが悪化すると様々な症状が引き起こされます。その、代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。

① 頭痛

肩や首が凝ることで頭にいく血液の量が低下することで、「頭の後ろ」や「こめかみ付近」に頭痛として出やすくなります。

人によっては「目の奥が痛い」と訴える方もおります。

②不眠症

脳への血流不足により不眠症になりやすくなります。

肩や首が凝り固まることで、枕が合わずに寝付けないということもあります。

③腕や手に痺れや痛み

普通の肩こりから「胸郭出口症候群」や「頚椎ヘルニア」、「脊柱管狭窄症」などの重度な疾患に移行してしまうことで、腕や手に痺れや痛みが出やすくなります。

④めまい、吐き気、耳鳴り

自律神経やホルモンバランスが乱れることで、めまいや吐き気、耳鳴りなどの症状が出てきます。

その他にも、のぼせ、食欲不振、息切れなどの症状などもあります。

まとめ

この度は肩こり・首こりのページを最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

日本人は海外と比べても、肩こりで悩んでいる人が多いと言われており、国によっては肩こりという概念すらないところもあるくらいです。

その理由の1つとしては日本には四季があり、季節によって温度差が激しいため、身体に負担がかかっていることが挙げられます。

そういった意味合いでは、肩こりは日本ならではの疾患なのかもしれませんね。
一般的な疾患ではあるので軽視されがちですが、肩こりは本当に辛い疾患なので、悩まれている方のお力になりたいと思っております。

Hanakoto整体院 代表|三浦 亜希