鍼管(しんかん)とは?

鍼管(しんかん)とは?

鍼管 効果鍼管とは?

鍼管は針を入れる筒状のもので、日本の鍼灸では多く使われるものになります。
これは、針を刺した時に生じやすい「チクッ」とした痛みを最小限にさせる効果があり、鍼灸を行う上で痛みに弱い日本人には必要不可欠な道具と言えるでしょう。
鍼管があることによって初めての鍼灸でも安心して受けることができます。

江戸時代に日本で初めて針を広めた杉山和一という人が鍼管を用いて「管鍼法」という手技を伝えました。
これが今でも日本の鍼灸で用いられ一般的に普及しています。

 

鍼管の効果

針を体の中に入れる際に鍼管があることで、皮膚を引っ張りながら行えるため痛みを軽減できるという仕組みです。
引っ張られることにより脳がその刺激に反応し、針の刺激を一時的にマヒさせることが目的です。

他にも鍼管の目的は痛みを軽減させるだけでなく、刺さっている針を叩いて揺らしたり、針の周りの皮膚を刺激するなどの時に用いられます。


羅針堂鍼灸整体院

営業情報

TEL045-717-9411
住所〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-11-11
鶴見クリーンハイツ202号室
営業時間火・水・金) 10:00~22:00
月・日) 10:00~18:00
土曜日) 10:00~17:00