鶴見で自賠責の治療を受けるなら当院へ

鶴見で自賠責の治療を受けるなら当院へ

自賠責の治療について

交通事故で怪我や後遺症が残った場合、鍼灸やマッサージによる治療が可能となります。
当院でも自賠責(自動車損害賠償責任保険)での保険治療を受けることができますので、施術を受けるにあたっての流れをお伝えしていきたいと思います。

 

①まずは病院に行きましょう

事故の程度や症状の有無に限らず、まずは病院に行きましょう。

その時は症状がなかったとしても、数日経ってから激しい頭痛や吐き気が伴うこともありますので、精密検査を受けるようにしましょう。

その際に、必ず診断書をもらうようにしましょう。

 

②保険会社の承諾を得ましょう

交通事故に遭われた際に、交通事故を担当する保険会社の方がおりますので、その方に「羅針堂鍼灸整体院で鍼灸治療を受けたい」という旨をお伝えください。
保険会社から承諾されることで自賠責での鍼灸治療を受診することが可能になります。

※保険会社によっては整骨院や接骨院は承諾するが、鍼灸院は適応外と言われるケースもあります。
そのような場合は1度当院にご相談下さい。

鍼灸院も本来は受けられます

鍼灸も「はり師・きゅう師」という国家資格になるため、自賠責保険の対象内になります。
厚生省にも認められている資格です。

 

どのような症状に対応可能?

主にムチ打ち、首・腰・腕・足などの痺れや筋肉痛、吐き気、めまい、頭痛、耳鳴り、排尿障害などになります。
骨折の部分やその周りにお灸や針をすることで治りを早めることも可能です。

 

料金は?

原則としてあなたがご負担いただくことはありません。
相手方の自賠責保険から治療費は支払われます。

ただ、保険会社から直接鍼灸院に支払われるケースと、最初に患者が治療の度に鍼灸院に支払い、後日保険会社の方から患者の方に支払われるケースがあります。
それも、事前に確認をするようにしましょう。

 

最後に・・・
交通事故による症状は早めに治療をおこなうことで改善もしやすくなりますし、逆に治療をおろそかにしてしまうと後々まで引きずる後遺症として残ることもあります。
当院ではあなたの症状が少しでも早く治るようにサポートをしていきたいと思います。