不妊治療を横浜市鶴見区で受けるなら当院へ。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患に対して鍼灸をおこない妊娠体質を目指します。妊娠をしてからも流産や逆子に対してもサポート

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話04571794f11

身体温めています!種類とは?

冷え込む時期になってきましたね。

当院に通っている妊活生の中にも冷えに対して意識しており、色々な冷え対策を実践しております。

冷えは妊活にとってマイナスなポイントになりやすいので、なんとか改善をしていきたいものです!

しかしながら、体質によっては適さない方法や頑張りすぎると良くないものもありますので、今回はそれをお伝えしていきたいと思います。

 

気温の調節による温め

これは、エアコンやヒーターなどで室温を温めて冷やさないようにする方法です。

もちろん、冬の季節などはしっかりと室温を保っていただきたいのですが、ここでポイントはしっかりと加湿器を併用するということです。

 

特に今年は記録的な乾燥ということで雨量も少ない状態です。

その中で温めていくとさらに乾燥が強くなりますし、それはもちろん体内にも影響が行きます。

身体の中の水分量が不足すると一時的に血液がドロドロとしてしまい、どこかで詰まったりだとか普段より生理痛が重くなったりすることがありますので、こまめに水分補給をすることと必ず加湿器を取り入れるようにしましょう。

 

ホカロンなどの大量貼り

ホカロンの大量貼りはあまりおすすめできません。

もちろん、生まれつき身体が弱くて温める力がない方は体質改善の過程で使用しても良いとは思いますが、冷えがあまりない方が大量にホカロンを貼ってしまうとご自身で温める力が弱まってしまうことがありますので要注意です。

 

温める力が弱い方は「太ももの内側」や「腰」などがおすすめです。

 

食事で温める

食べ物を摂取するだけで「食事誘発性産熱」という働きで身体が温まります。

それに加えて、身体を温める食材・冷やす食材があるので、そこを意識するだけで食事で身体の熱量を増やすことができます。

例えば、「小麦(パン・パスタ・うどん)」は身体を冷やす作用がありますので、毎朝パンを食べていると日中の代謝が落ちてしまう要因となります。

その他にも色々ありますので、ご興味がある方はご相談下さい。

 

運動で温める

これが1番良いですね!

毎日少しずつでも運動を行うことで身体を毎日温めることができます。

ヨガやジョギングなど良いと思いますが、ここで気を付けていただきたいのが筋肉を鍛えることが目的ではないのでガッツリ追い込み過ぎは体質改善の妨げになる可能性があります。

運動初心者の方は最初は15分~30分程度を目安におこなうと良いでしょう。

 

いずれも毎日コツコツが大きな成果へと繋がっていきますので、まずは自分が取り組めそうなところからおこなっていきましょう!


京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数